Topics
About me
交通事故の事案
後遺障害等級認定
因果関係の立証
過失割合の問題

対応が早く
示談金もすぐに提示してくれる 保険会社は 信じてはいけません
と交通事故専門の弁護士は被害者を煽ります

が、確かに核心を突いていて、保険会社は、あくまでも自社の営利を追求する一企業です。保険会社の損益を考えた最低限度の補償内容に抑えることに尽力しているのがほとんどでしょう。

View More Details
Scroll down to discover

Traffic Accident

突発的なアクシデントに混乱するとは思いますが、まずは落ち着いて行動することが大切です。 加害者や事故状況の確認、医師の診断は何よりも優先してください。

事故直後の確認事項

警察への届出や加害者の情報収集、
証人の確保など、 証拠を集めも大切です。

①被害者が ケガを負った場合には「人身扱い」の届出、つまり診断書を警察に提出する必要があります。
② 加害者の住所、氏名、連絡先 、加入している自賠責保険(共済)、自動車保険の会社(組合)名、証明書番号、加害車両の登録ナンバー、勤務先情報等を記録する。
③相手方とのトラブルになった際などに必要なため、通行人など目撃者がいれば証言をメモし、氏名や連絡先を聞いておきます。
④現場の見取図や事故の経過、写真などを記録する。
⑤その場では軽症だと思っても、あとでケガが重かったという例もあり、速やかに医師の診断を。

  • 1.警察へ届ける
  • 2.相手を確認
  • 3.目撃者を確保
  • 4.自分でも記録
  • 5.医師の診断を必ず受ける
01.
0
交通事故死の原因(数)
4位/通行区分違反
0
交通事故死の原因(数)
3位/スピード違反
0
交通事故死の原因(数)
2位/歩行者妨害等
0
交通事故死の原因(数)
1位/安全運転義務違反

当院での、交通事故ケースの一般的進捗

まずは事故機転の確認、救急搬送の有無、検査履歴および結果等を確認します。次に当院受診時に於ける症状、追加検査の必要有無、また有職者の場合には事故後の休就業状況の確認と同時に警察への診断書の提出有無を確認し、その後の治療にあたっての初期前提ならびに大枠での治療方針を決めていきます。

  • 事故後の初期段階

    短期で治癒される以外の場合

    昨今の係争案件では被害者の主観よりも客観的証拠がポイントになるため、2週間疼痛が継続する場合には信ぴょう性も兼ねてMRI検査を実施し、客観性を持った画像診断による診断を明瞭にします。

    01.
  • 3か月目ぐらいに際して

    急性期から慢性期に移行しつつある

    理学療法のみならず、内服及び外用療法も組み入れ疼痛の緩和を図ります。牽引の強度を変更したり、単なる鎮痛消炎剤以外に慢性疼痛、末梢神経性疼痛を緩和する薬剤も場合により導入します。

    02.
  • 骨折以外で半年経過する場合

    継続治療をするか締結するか

    案件によっては症状固定と同時に後遺障害申請になる場合に備え、複数回のMRI検査等を履行し、半年経過内での局所の変化を比較するのが、現在のところ後遺障害申請に於ける必須項目です。

    03.

弁護士事務所の利用の是非

弁護士特約を利用頻度が20年前に比べて著しく増加しています。また、行政および司法の判断も時代とともに変化していて法律を理解するのは面倒ですが、弁護士事務所に依頼することはつまり、弁護士費用がかかることにより実質的に被害者が受け取る賠償金が減る。ということをご理解されていない方がとても多いんですけれど.......以下は各論です 。

弁護士特約

  • 任意保険の
  • オプションで
  • 割安そう

一般の方で、顧問弁護士を備えているヒトは少ないし、弁護士に相談するにはそれだけで相談料を取られる。そこで弁護士特約ってオプションがありますが、、、

それは、ただ紹介しますだけ

保険会社から紹介される

  • 弁護士は
  • 味方
  • それとも敵

少し失礼にあたりますが、数多くある弁護士業務の中で交通事故保険会社の下請け業務を主として営んでいる弁護士先生は、ある時は被害者担当、ある時は加害者担当をします。なので、、、

ある時は味方ある時は敵

交通事専門の

  • 弁護士
  • 事務所
  • 乱立

医学知識は特殊なので、一般の弁護士事務所が今日の大手保険会社に対抗するのは難しいと思います。しかし、派手なネット広告や実状と乖離した慰謝料請求する法律事務所は叩かれます。

目立つとにらまれる
02.

保険会社と弁護士事務所の論点

それこそ今ドキ、「交通事故」ってググるだけで交通事故に強い弁護士事務所、とのPR広告が「雨後の筍(うごのたけのこ)」状態。実は交通事故件数自体はクルマ離れの世の中、減っていくいっぽうですが、皆様ご存じのとおり司法制度改革のよって弁護士数を3倍増にしちゃったものだから、交通事故被害者は交通事故専門弁護士事務所にとっては文字通り神様です。
そこで、保険会社側と弁護士事務所側とで共通する論点、あるいは相反するポイントをあげてみます。

整骨院に通院すると慰謝料

が"減る"ってホント?

双方の共通認識は"整骨院に通院すると慰謝料は減る"

ただし、論点が異なるために誤解を受けますね。弁護士事務所は6か月を経て症状固定し後遺障害申請をする段階の視点から。保険会社はというと接骨院での治療は自由診療となり、1回当たりの施術費が言い値で高額となるのが発端です。
交通事故の治療費が一時期、医療機関も接骨院も実勢と乖離して言い値状態であったため、接骨院で片手の痛みに5分間施術したら、5本指があるのだから5か所分施術した料金を保険会社に請求するのが当然だとまかり通っていた時代がありました。街中に接骨院が氾濫しているのはこんな理由からも来ています。
そこで、平成元年から自賠責新基準が導入され、平成28 年には47都道府県全てに浸透しました。が、接骨院は今でも自由診療のままであり、また一部の整形外科も未だにこの新基準を採用していないため、"整骨院に通院すると慰謝料は減る"問題はクリアカットされていません。

  • 弁護士事務所は法律重視なので、後遺障害申請時に書類が足りないのを指摘されるのを嫌います。
  • そして、一番入手するのが難しいのは医療機関から接骨院に治療を委託する旨の「診療情報提供書」です
  • おおよそ、上記の新基準の則り正当な治療を実施している医療機関から接骨院に「診療情報提供書」が発行されることは通常ありません。
  • よって、弁護士事務所側からも接骨院に通院すると慰謝料が減ると諫め、実際それは良心的であるとも言えます。

保険会社は "打ち切りが"

出来るのか、一方的に

出来ません、一方的に

10年以上前だと、保険会社の担当者はノルマがあるので弱気で素直な被害者を見つけては、例えば夜な夜な午後10時過ぎに一人暮らしの女性宅に電話し「もう打ち切ります」「まだ、なんか言いたいんですか」「打ち切りと言ったら打ち切りです」が通用していました。
もちろん、今のご時世にそんなことをしたら担当者の首が飛ぶどころか、上司も連帯責任で降格必至です。「打ち切る」って言葉が録音されただけでゲームセット、営業所長が被害者宅を訪れ陳謝するのは最低限です。

  • もちろん、天下の保険会社がそんなことで怯むとかはありません。
  • そして、今日のコンプライアンスがうるさい世の中に合った追い込みはされます。
  • まず、治療の「打ち切り」ってアナウンス出来るのは法律上は担当医師のみです。
  • 故に被害者に「打ち切り」と言葉を保険会社社員が使うのタブーですが、同様なニュアンスで被害者がを説得し、治療終了に「同意」させるのは全く合法です。
  • つまり、今日のコンプライアンスがうるさい世の中でも、時制に合った追い込みはされてます。

そこで、最近のトレンドは自賠責での治療は理不尽に終了させられても、その後に自分の健康保険で医療機関に通院することを制限することは保険会社は出来ません。その点を活用して、トータルの治療期間が長期に及んだことに力点を置いて、後遺障害のランクを獲得するのを交通事故専門法律事務所はホットな戦略にもしています。

03.
<