Essays
Topics
Scroll down to discover
Back to overviews

マスクねぇー、どかなーー

珍しくWHO(世界保健機関)、とCDC(アメリカ疾病予防管理センター)がコロナウイルス未感染者にマスク予防は効果がない断言しています(日本は中国に忖度してマスクしていますが)。僕もそう考えています。どうしてか?

花粉の時期だし、、、余計に

恒例、マスコミは前後の文脈を省いて炎上ネタを血眼になって探していますが、WHOとCDCはきちんと→→→感染者(今、ここで感染しちゃっているヒト)がマスクをすれば、咳やくしゃみに含まれるコロナウイルスの飛散を防ぐ効果が高い(当たり前ですね、当然ですね、これ理解できなければ話は進みません)と説明したうえで、まだ感染してないヒト→→→(かかってないヒトですね、これもわかりますね)がマスクをする効果はない、要らない、資源の無駄だからおバカさんだよとかまで言及されています。なぜか?

コロナウイルスの特性ですが、ウイルス表面が油脂の膜で覆われているため、軽快に飛び跳ねはしないけれど、あっちこっちに「こびりつき」ます。
大概のモノ、特に表面がツルツルでなくマスクの表面のように吸収性の高い(折り目があればなおさら)ところにはバッチリくっ付きます。そんな特徴があるのに、悲しいかなこの時期の日本は花粉で鼻がムズムズし、マスク越しに鼻をイジるとか、目が痒くて目を掻く時にチラっとマスク表面を指がかすめただけで微粒子は手に付き、そのまま人体の開口部のである口、鼻、眼を触るとすかさず感染は成立します。

本当はマスクテクニックというのがあって、両側のヒモの部分だけを持って脱着し、その前後で手洗い消毒をすればOKですが、鼻の位置を調整するため装着中に本体の部分を触ったり、ご丁寧に脱着してポケットに入れたり出したりするのは論外なのです。
しかし、多くのマスク愛好家がキチンとしたマスクテクニックを実践しているわけではなく、実状を例えると(乱暴な表現で申し訳ありません、が)お風呂の排水受けに溜まっている体毛と垢を素手で取り上げては、それで洗顔パックしているみたいなものなので、WHOとCDCは今回の新型コロナウイルスに関してマスクを推奨していません。

Go Back To Home
01.